依存症とそうでないものとの境界線って・・・要は気持ちの問題なのかな

依存症というと、アルコールとかギャンブル、買い物依存症などマイナスなイメージのものが一般的なイメージだと思います。
あとはスマホやゲーム。やりすぎると危ないというものですね。
しかし最近、こんなものまで依存症?というものもメディアなどで騒がれています。
先日テレビで見たのは、なんと「マスク依存症」。
花粉症やインフルエンザが流行するシーズンでもないのにマスクをしているのは依存症なんですって。
まあ、言わんとしていることはわかりますけど。
テレビでの例だと、化粧が面倒で、すっぴんで出かける際に人に顔を見せたくない・・・なんていう理由でマスクをつけるのは依存症とのことでした。
うーん、じゃあ、冬寒くて防寒や保湿のために常にマスクをしているというのはどうなんでしょうね。
他にも、「断捨離依存症」なんて言葉も。
日常生活に支障をきたすほど物を処分してしまうのは依存症だそうです。
でも、TVや雑誌で紹介されるミニマリストって、それこそなにもない家で生活しているように見えますが、別に生活に支障をきたしていないですよね。
となると、依存症かそうでないかの境ってなんなんでしょう。
気持ちの問題ということなんでしょうか。素人には理解不能な定義です。キャッシング 借り換え