同級生であり画家の息子のK君を囲んでプチ同窓会。

 久しぶりに高校の同級生で親友のMちゃんと会ってランチ。同じく高校の同級生のK君、ドイツで自分で絵画を描いて生活しているらしく今一時帰国して地元に居るとの事。そしてまたすぐ近いうちにドイツに戻るから今夜、知ってる人だけで集まって励まそうという事になりました。
 私も急きょ参加、みんなとはほとんど高校を卒業して以来なので20年以上の年月が経っています。でもK君を見たら全く変わっていなくてすぐに分かりました。お父さんも画家で地元では有名は人。K君もその血を引き継いで多摩美を出てドイツで絵を描きながら生活しています。しかし生活の方はやはり大変のようで復職として子供学習の添削などをして生計を立てているようでした。でも型にはまっておらずかと言って粋がっている所などなく穏やかで自分に素直に生きてる感じがしました。
 あの人もこの人も呼ぼうとなって10人以上が集まり誰が持ち出したのかアルバムを見ながらのプチ同窓会となりとても楽しい夜を過ごしました。