今年の交流戦もパ・リーグが圧倒的に勝利数が多かった事で勝ち越したと言うがここまで強くなったと思われている。
昔はセ・リーグが人気があって巨人を中心に人気を呼んだが実力を中心にしていたパ・リーグが一番苦戦をしていたので苦労はしていた。

しかし、これがのちに立場が変わろうする事があったと言うのが近鉄とオリックスの合併で一番の危機となった。
12球団は維持はしたと言うが翌年から交流戦が始まったがそれまで大きく変動した。

それがホームタウンを作ったことである。
ヒントとなったのが実はJリーグにあった事となると言うが県に一つはプロチームがある様にしている。

誕生した時にはほとんどがJリーグや日本代表の試合に行く人が多かったと言う。
この様なやり方でしていった事でパ・リーグが次第にこの様な事をした事で人気が上がった。

今では野球の人口が減っているのですが見る人の楽しみがあると言う事で注目が集まるようになったが観客動員数もアイデア次第だと思われている。
女性でも楽しめられるようになった今はまだ改善が出来ると思っているかも知れない。

これからどう進化するのか注目はしていると言うのです。