ゴールデンウィーク初日は、東京で気になっていたスポットに行ってきました。
まず、ずっと行きたかったミュシャ展へ。国立新美術館が会場だったのですが、草間彌生展が同時開催されていたこともあり、会場内はかなり混雑していました。それでも、ミュシャ展最大のウリであるスラブ叙事詩は非常に大きいので、しっかり鑑賞することができました。また、私はフランス人女優のサラ・ベルナールが好きなので、ミュシャが手がけたサラのポスターが多数展示されていて良かったです。特に、男装したサラの絵は、凛々しさと色っぽさが融合した妖しい魅力がありました。
その後は、オープンして間もない銀座シックスへ。あまり下調べをせずに行ったのですが、銀座という場所柄、ハイブランドが多数入っていました。私にはちょっと縁遠いラインナップですね(笑)でも、ここの蔦屋書店は芸術コーナーが充実していて、ふらりと入っても楽しめる場所だなと思いました。
ミュシャ展も銀座シックスも、もう少し人が少ないときにまた行きたいと思います。